2018.12月号vol.45

2018年を振り返って

12月になり、2018年最後の「月形通信」となりました。

皆さんにとって、2018年はどのような一年だったでしょうか?

2月に開催された平昌オリンピックや、6月に始まったロシアW杯など、スポーツに盛り上がったという方も多かったと思います。

また、7月の西日本豪雨の記録的な大雨をはじめ、9月には北海道でも地震が発生したことで道内全域が停電になり、日常生活に大きな影響を受けるなど自然災害の多い年となりました。

プライベートでは、2月に子供が誕生し明るい一年のスタートになりましたが、8月には上の子が入院、私はゴールデンウィークに風邪が原因で中耳炎・内耳炎、11月にも風邪をひいてしまうなど、健康の大切さを改めて感じる機会も多くありました。

山﨑歯科医院は、今年の11月で全面リニューアルしてから3年を迎えることが出来ました。

皆さんそれぞれに、たくさんの出来事があったと思いますが、健康で安心できる生活と笑顔を大切に、新たな年を迎えていただきたいと思います。

広告

2018.12月号vol.45

子供の歯をムシ歯から守るシーラント

保護者の皆様は、お子様の歯を守るためにどのような取り組みをされていますか?

毎日しっかり歯磨きをする、お菓子は長時間食べ続けない、ジュースやキャラメルなどムシ歯になりそうな飲食は控えるなど、ムシ歯からお子様を守るために頑張っている方も多いかと思います。

当院では、お子様のムシ歯予防処置として「フッ素塗布」のほかに、「シーラント充填(じゅうてん)」も行なっています。

「シーラント充填」とは、ムシ歯になりやすい奥歯の溝を埋めることで、食べカスなどが歯の溝に詰まるのを防止する役割と、フッ素が含まれているため歯を強化する役割があります。

奥歯の溝の深さには個人差があり、溝が深いと歯ブラシでも汚れを取り除くのが難しく、ムシ歯のリスクも上がってしまいます。

シーラント充填は、埋めるだけの処置なので痛みもないため、痛みに敏感なお子様にも安心です。

シーラント充填については、必要に応じてこちらからご案内させていただきますが、ご質問などがありましたらお気軽にお尋ね下さい。

2018.12月号vol.45

フードバレーとかちマラソン出場

10月28日(日)は、帯広で開催された「第7回フードバレーとかちマラソン2018」に出場しました。

大会参加者は年々増加し、今年は5,113名が参加する大きな大会になり、私はハーフマラソン一般男子35歳~49歳の枠で752人中175位で無事に走りきることが出来ました。

この日は、風もない快晴で気温もマラソンにはちょうど良い10℃くらいでした。

練習よりも長い距離だったので、ペース配分に苦労することもありましたが、10年ほど前には帯広の歯科医院で勤務していたこともあり、懐かしい気持ちで楽しく走ることが出来ました。

大会後は帯広にいる友人と食事をし、特別な休日になりました。

来年も練習を継続し、良い大会に出場したいと思います。