2019.2月号vol.47

2019年の雪

今年は、今のところ例年に比べて雪が少ない印象があります。

先日は、診療後に屋根に登り、屋根の一部の雪降ろしをしましたが、そこでも雪の少なさを感じました。

予報でも、今年の降雪量は少ない見通しですが、まだまだ油断はできないと思いながら生活をしています。

左の写真からも、2016年~2017年は雪がかなり少なく、2017年~2018年は雪が多かったのが分かります。

今シーズンは、これからどのような冬になるのか気になる方も多いと思います。

2月もまだまだ寒さと雪は続くと思いますが、車の運転や雪かきによる事故などには十分注意して、元気に春を迎えたいと思います。

1月20日現在

広告