2019.2月号vol.47

ムシ歯予防に大切なこと

先月号の月形通信(1月号VOL.46)では、お口の中のムシ歯菌と歯周病菌の関係性について解説しました。

今回は、ムシ歯予防のために大切な取り組みをご紹介します。

ムシ歯は、お口の中の細菌が作り出した酸によって歯が溶け出した状態のことをいいます。

ムシ歯の原因となる細菌のミュータンス菌は、食べ物や飲み物に含まれる糖分を餌として増殖するため、間食をダラダラ摂り続けないことが大切です。

また、食事をするとはお口の中が酸性になり、歯が一時的に弱くなるので、食事も長時間食べ続けないことが大切です。

ムシ歯を予防するために、歯磨きをすることは当然ですが、歯磨き剤はフッ素を含んだ歯磨き剤を使用することで、より予防効果を期待することが出来ます。

ムシ歯になる原因は他にも多くあり、ムシ歯になりやすい体質の方もいらっしゃいます。

歯科定期検診では、お口や歯の状態を診察し、その方に適したお口の健康管理をしていくことで、ムシ歯の予防や早期発見が出来ます。

広告