2020.11月号vol.68

正しい食習慣で糖尿病予防

糖尿病または糖尿病の予備軍とされている日本人は、2,000万人以上と言われており、2000年前後の10年間で約1.5倍と上昇を続けています。

糖尿病になると、血糖値を体の力で下げることが難しくなります。

血糖値を下げるインスリンは、すい臓で作られますが、すい臓への大きな負担が長期的に続くことで、インスリンを産生する機能が失われていきます。

一度失われたすい臓の機能が戻ることはないため、糖尿病予防を意識した生活が大切になります。

糖尿病を予防するためには、規則正しい生活と適度な運動習慣、正しい食習慣を心がけましょう。

糖尿病予防のための食習慣というと、糖分摂取を控えるという印象を持たれる方も多くいますが、すい臓に負担をかけにくい食事も大切です。

日本人のすい臓は欧米人に比べ弱く、肉類や乳製品は大きな負担となってしまいます。

お菓子屋ジュースなど余分な糖分はできるだけ減らし、間食や夜食を控えて、すい臓を休ませることも大切です。

野菜や魚を中心とした腹八分目の日本人らしい食習慣が、糖尿病予防に繋がります。

2020.11月号vol.68

奥歯が揺れるのは危険信号

奥側の歯で、指で軽く動かすとグラグラ揺れる感じがする歯はありませんか?

その揺れの正体は、「外傷性咬合(がいしょうせいこうごう)」が原因かもしれません。

外傷性咬合とは、就寝中の歯ぎしりや日常生活での食いしばりなどによって『特定の歯に強い負荷がかかる噛み合わせ』のことです。

自覚症状がないことも多く、放置していると歯を支える骨が脆くなり、痛みを感じる頃には重症化している場合も珍しくありません。

また、過去にムシ歯治療を受けた歯は、被せ物などの干渉によって外傷性咬合になりやすく、さらに歯周病も加わると進行スピードが上が

るため日頃からの注意が大切になります。

歯周病でも似た症状が出ますが、歯周病の場合は出血や腫れなどと共に周囲の歯にも症状が現れるのに対して、外傷性咬合は特定の歯が揺れる(動く)症状が出ます。

外傷性咬合により歯の揺れが大きくなると、歯を失う原因となることもあるので、歯の健康に自信があっても、定期的に歯科医院で検診を受け、噛み合わせに問題がある場合は噛み合わせの調整をすることで外傷性咬合の予防に繋がります。

2020.11月号vol.68

全国に広がった木彫りの熊

北海道に生息するヒグマは、11月20日頃か遅くても12月20日頃までに冬眠すると言われています。

冬眠期間中は、絶食で穴の中で暮らすため、冬眠前のこの時期は栄養と脂肪を蓄える必要があり、たくさんの食べ物を必要とします。

ここ月形町でも、9月末頃に熊の目撃情報があり、まだまだ注意が必要です。

熊の木彫りは、北海道の民芸品としても定番になっており、ご自宅にあるという方も多いのではないでしょうか?

木彫りの熊の発祥は八雲町で、明治維新後に尾張徳川家の旧藩士たちが開拓している中で、農作業ができない冬の収入源として、八雲町の農民やアイヌ民族に、スイスの民芸品を手本に作るよう勧めたそうです。

他にも、アイヌ民族の松井梅太郎が旭川市で木彫りの熊を作ったことで、生産が盛んになったとも言われています。

昭和30年~40年の北海道ブームをきっかけに、お土産品として人気が高まり全国に広がりました。