2021.5月号vol.74

最初の永久歯 ~6歳臼歯~

6歳頃に、一番奥に生えてくる歯を「6歳臼歯」と言います。

6歳臼歯は、上図Eの歯の奥に乳歯が抜けることなく生えてくる永久歯です。

また、6歳臼歯は、食べ物を噛む、砕く、すりつぶすといった働きや、上下の歯の正しい噛み合わせにも影響する重要な役割も持っています。

大切な6歳臼歯ですが、生え揃っている乳歯の一番奥に生えてくるため、生え始めたことに気づかず、むし歯になってしまうことが多いので、特に注意が必要になります。

乳歯が生え揃ってからの毎日の仕上げ磨きのときに、6歳臼歯の生え始めを見逃さず、むし歯から6歳臼歯を守りましょう。